<   2012年 04月 ( 10 )   > この月の画像一覧

連休初日。なんというすがすがしい天気でしょう。

洗濯物は4回転。昼下がりにすでにカラッカラ♪布団もふっかふか♪
本日の予定はヒメのクラスの家庭訪問。
これも楽しく終わり、ようやくドンヒメともに昼寝に入りました・・・・
e0259727_15472210.jpg



あーーーーー、つかれた。。。。


朝から、ドンと、もめすぎてグッタグタです。

絶叫、逆上、大号泣で家出しようとするドンを何度引き留めたか。。。

なんでおこってるかというと、「お肉たべたい」から。
ウインナーじゃあかんのだそう。
なんでおこってるかというと、「はなみずでてる」から。
なんでおこってるかというと、「手をあらいたくない」から。
なんでおこってるかというと、「いっぱい本をもちたいのにおもい」から。


………しらんがな!!


……でもたぶん、ほんまの理由は
「おかあちゃんがおこってる」から。
ドンへのイライラが止められない自分にもイライラしてました。

ただ今、ひとり懺悔タイム。
こそだて歴、わずか3年ちょい。
「みんな最初から完璧な母じゃないのよ。みんな育児と育自してるのよ。みんな…」とつぶやきながらも、
負のスパイラルにぶんぶん振り回されているこんなときは、情けなさの泥沼から出られません。
こんな私が母親で、いいのだろうか。こんな私が助産師めざして、いいのだろうか。
ぶつぶつぶつぶつ…負陰負情負涙負悔負悩負負…


そよ風を感じていたご近所のみなさん、罵声とマイナスオーラを窓辺に運んですみません。


あかんあかん!きりかえきりかえ!


e0259727_1548156.jpg

週明け、前回仕込んだレーズン酵母で、焼きましたら…これが大成功で!
見た目からしてこれは…おいしそうやんーー!
e0259727_1549417.jpg


もっちりしてて、でもふんわりしてて、本当に味わいのある食パンでした。イーストを使っていたときより膨らみも弾力もあります。
天然酵母って、すごい力もってるんですねぇ。
仕込みや世話も、覚えてしまったら簡単やな、と知りました。
なんでも自分でやってみることですね。いろいろ気づけます。



あと一つ気づきました。
ブログをつづることで、イライラも少しデトックスできてる。
読んでいただいた方には恐縮ですが。。。
[PR]
外は雨。

おからパンとフルーツサラダで朝ごはん。
e0259727_17454737.jpg

…のまえに、バナナを丸ごと食べたいドンと、ひとバトル。


お昼。ヒメもいよいよ…
e0259727_17405985.jpg

ワカメちゃんデビュー♪
e0259727_1742521.jpg

「っっ!きゃ~わ~い~い~!!!」全員叫。


昼下がり。初めて育てたレーズン酵母、ん、いいにおい~。
e0259727_17431811.jpg

e0259727_1744018.jpg

濾して、粉と混ぜて中種にしてみます。
e0259727_17442927.jpg

e0259727_1745681.jpg

ここまでくるのに予定より2週間以上かかったから、どうせならこねてねかせて丸めたい!って衝動はあれど、、無理は禁物…。あとはホームベーカリーにバトンわたそっと。


気分転換のドライブついでにBOOK・OFF。古本を売りさばき(買い叩かれ)。。。でもいい絵本たちがお買い得♪
e0259727_20472649.jpg

ディズニー本はドンセレクト。すっきゃなぁ、プリンセス。


本格的に授業授業授業!な耐久デイズが幕開けた先週。
もはや口ぐせとなってますが…「甘かった…」。
「楽しい♪」ばかりは言ってられない、とめどなく続く授業。。。ようやく放課後が見えたころに、毎日必ず保育園からのラブコール。「ヒメちゃん、38度です~」ああ。涙
で、きました貧血。
そのはかない響きに憧れこそすれど、血の気ぷりたつな私には無縁の、貧血というもんを初めて体験しました。
やっぱり環境が大きく変わると、自分で気づいてなくても疲れたまっていくんかしら~。体力と適応能力の低下を認め…・・・・・たくない~。
ヒメも私もそんな調子なので、日曜日の予定はキャンセルし、このようなのんびりサンデーとなりました。

寝たり食ったり怒ったりグッタリもしつつ、ガッツリ家族な休日にニッコリ。…チャンチャン♪
[PR]
悩んでます…

このシト、そう、ドンさん。
e0259727_14173881.jpg

(撮影・2歳の夏)

キャラを2文字にあらわせば…ってことで「ドン」。
われながら、よく言い当てたなぁとおもってました。悦
しかし、最近…クレームついてるんですよね~

「ドンとヒメの差がありすぎ!」「ドンちゃんが乙女になったときに知ったら、きっと傷つく!」が主なクレーム内容。
クレーマーは、ドンの生涯応援団長、紀州のグランマです。グランマ心っちゅうやつです。

・・・

そーねーたしかにねーわかるよー、かたや妹はヒメやもんねー

でも、このキャラを、ほかになんと呼べと?
e0259727_14134494.jpg
e0259727_14154388.jpg
e0259727_14164765.jpg
e0259727_14192728.jpg
e0259727_1422734.jpg
e0259727_1461389.jpg


この週末に検討するか・・・。いやそれよりレポートレポート!

みなさーーーん、すてきな名前、大募集中っす!!!!
[PR]
学生証できました。
これで、どこで声かけられても「学生ですぅ~キャハッ」って言える。
びっくりしたのが、ケータイも学割きくってこと!
au窓口のおねーさんに「ガクワリに…」ってもじもじ伝えにいこ~っと。
ちなみに、6年前に撮影した写真をしれっとつこてます。キャハッ。

さて、月曜日に看護学校に入学しまして、火水木金。
1週間がたちました。
終わってみれば(ってまだ1週間)、あっというまの、でも濃い~充実した日々でした(いやだからまだ1週間)。

火曜水曜は、オリエンテーション。
学校紹介、健康診断、メンバー紹介などなど。

京都市も東端、小高い丘に立つわが校は1学年定員24人。日本で最少規模の看護専門学校だそうです。
数年前からようやく男女共学になり、学年に1~3名ほどメンズがいます。「さぞかし、うちのクラスの男子も居心地悪かろう…」と思っていたら、今年はなんと、ゼロ。オール女子。なでしこパワーみなぎってます。
しかも、入試要項には「社会人学生・若干名」とありましたが、ふたをあけると現役生(18歳)はたったの5人! あとは20代後半~40代の「女子」がずら~り。ママさん学生も、1・2・3…私含め5人もおりましたよ~♪(さすがに授乳中は私だけですが)


いや~さすがですね~、女子力っちゅうのは。
先生がほっといても、教室のあちこちで自己紹介が始まり、打ち解け、お菓子つまんで、盛り上がって…
さらに、HR(懐!)で一人ひとりが簡単な自己紹介をしたのですが、これがまた興味深く。
年齢や出身地が違うだけでも「ほえ~っ」と異文化なのに、大半が社会人経験者。これまでの経歴も、家族構成・趣味、看護師を目指したきっかけなんかも全然違うのですよね。

…ソワソワ。
もともと「人見知り」とは真逆に立ち、ついつい慣れ慣れしくしゃべりかけてしまうこの性質。
あの人はどんな仕事してたんやろ~?あの子はなんで看護師目指したんやろ~? と、「聞かせて」オーラ満開。ついつい仕事のクセで、取材のごとくみんなの話聞いてしまってます。
異文化コミュニケーション、これから花咲きそうです~。

しかしこんな私でも、新しい集団に入るときはそれなりに緊張するものです。でも、、、今回はなんか、すご~く気楽。

なんで?

たぶん…、いろいろ違うなでしこ軍団ですが、唯一同じなのは「看護師になりたい」という夢。

夢や目標って、心の中であたためてたり、公表するのはちょっと気恥ずかしかったりするもの。初対面からいきなり夢を語りあうってことは…ナイナイ。酒場ならありえるが…。
ここは、それができる。しらふで。

みんな、同じ夢を切符にぎりしめて入場しているのです。
そして、その夢をかなえるために、ここにいるみんなで助け合っていこう!という連帯感が、初日からしっかり漂っているから、なんというか、気負わないのかなぁと。

これから3年間、具体的には想像できないいろーんな苦楽をともにしていく、24人のクラスメイト。
お姉さまとも妹ちゃんとも、仲良くやっていきたいものです。
ちなみに、2人掛け机のおとなりさんは…18歳!か~わ~い~い~~~
「若いのに看護師目指すなんて、エライなぁ~。あ、蒸しパン食べるぅ?」と完全、近所のおばちゃん状態。うっとおしがられませんように…



で、木曜金曜はさっそく講義もはじまりまして。

90分間、座り続けて誰かの話きくのは久しぶり。
長い…。そして腹が減る。
休み時間、血相変えてカバンをあさり、その名も「ずっしり」というあんパンをむさぼる私。はっ!18歳、ひいてる? …来週から、カバンから出すのはグミかチョコにしよう。

授業はとても楽しい。
1年生は、看護の専門的な授業だけでなく、大学で言う一般教養的な科目も多く。今週も生化学、看護学概論といった、らしい講義のほか、心理学、論理学、情報科学なんかもありました。どれもこれも、すべて新鮮で、面白い。

「パンキョー」というと、たいがい200人は入りそうな大教室での講義で、遠く聞こえる先生の声もいつしか子守唄に…って記憶でしたが、うちは25人収容の小さな空間。集中力もとぎれにくく、先生との距離も言葉通り近い。
しかし、んなこと言ってられるのも今だけなのでしょうかねぇ~。
とにかく、家での学習時間は確保できないと予想して、授業中にしっかり頭にいれるようにしよう!頼む、頭に…入って!


この1週間で学んだのは、1日の大体のリズムと、やっぱり子どもは熱を出す、ということ。
入学前に掲げていた目標は「できるだけ授業は休まないように!」
      ↓
「出席日数はぎりぎりを守ればOK!」に大幅改定。

これは、「本当に、できるだけ、ハードルは低く設定したほうがいいよ」という助言があったから。助言の主は、、、学校のステキな先輩(♀)。同じ、ママ学生さんです。
実はこのステキ先輩とはオープンキャンパスで出会っていました。
そのときの対応が、とっても親身で、気さくで。「こんな人が育つこの学校、ええなぁ」と第一志望に急転換。今に至り―。
それ以来、キャンパスライフを妄想するときはいつも、この先輩は友情出演させられており…もはや私の中では芸能人扱い。入学式でお姿を見つけたときは、キャーッと胸高鳴りました。きもい?きもいですかね?私。
先輩と廊下ですれ違った偶然を、もはやただの乙女となった私が逃がしますかい!
あのときのお礼を伝えたくて…。「あのっ、私のこと覚えていらっしゃいますか!」と鼻息荒く近寄り―。
再会したステキ先輩は、やっぱり素敵でした~。私が無事入学できたことを喜んでくれ、短い時間の中でもこれからの日々の力になる言葉をたっくさんくれました。
そのうちの一つが、さきほど書いたアドバイス。
仕方ないとはいえ、ヒメの熱でさっそく早退するのはやっぱりちょっと凹み、今後に不安も感じていたとこに、いただいたこの言葉。がっつり吸収させていただきました。


クラスメイトも先生も、先輩も。
クラクラするくらい女子。
めっちゃにぎやかで、めっちゃ心強い。
宝塚ってこんな感じかしら。


来週からは、月火水木金、朝から夕方、座る聞く話す食べるのローテーション。
まずは慣れていくのみです。

e0259727_2315477.jpg
e0259727_23153946.jpg
e0259727_23155557.jpg

土曜の朝は、ゆったりまったり。豆乳蒸しパンでほっくほくです。
[PR]
今日のあんこ

左京区のブーランジェリー、「グランディール」の「大納言あんぱん」。
e0259727_15411716.jpg

教室でむさぼる予定でしたが、早退したため、家で味わいました。

ほんまに「大納言あんぱん」って名だったかは自信ありませんが、「グランディール」はあんぱんの種類が意外に豊富です。くるみ入りや黒糖風味、生クリーム入り…と数あるなかから、最もオーソドックスなのをチョイス。

まずは、シンプルに。

札に、「大納言小豆を、最小限の甘さで仕上げ…」と書かれていたのにもひかれ…。
たしかに、あんこは甘すぎない。ちゃんと小豆の風味を感じます。
あんこも多すぎなくて、うん、おいしいおいしい。(あんこだけ食べてるようなあんこ一人勝ちパンは、おいしいとは思えない)
ふと疑問。パン屋さんってあんぱんのあんこを自前で炊いてるものなのかしら。少なくとも、値札のキャッチコピーからは、あんこ手づくりしてます感をくみとったのですが…。

ちなみに、わが家のおとなりはパン屋さん。味もバラエティーも値段も申し分のない、「町のパン屋さん」。忙しいときや急な来客時にはとっても助けられております。
しかし!ご近所がゆえ、いろいろ目撃しちゃいますよね。店長がジャージでぶらぶら帰宅してるとことか、卸業者が練りあんの袋を納入してるとことか。。。
もともと、こちらのあんぱんは生地とあんこのバランスがよろしくなくて、好みではなかったのですが、これを知ってより買わなくなりました。(フランスパン生地のあんぱんはおいしいのですが…)
はっ!!なんか印象悪くしてる!!!ちゃいますちゃいます、お隣パン屋Rさん!大好きっす!早朝からがんばる店長も、かわいいバイトさんも、応援してるっす!ドンが大きくなったらバイト雇ってほしいっす。売れ残ったパンを持たせてくだせぇ。今後ともどーーぞひとつよろしゅうたのんます~~!モミモミ

話は戻って、、、、あんぱん。
私は初めて訪れるパン屋さんでは、あんぱんを大体選ぶ。
あんこが好きというのももちろんあるけど、菓子パンを扱う店なら、ベーシックなフィリング「あんこ」にこだわっているかどうかで、店全体の姿勢がわかる気がするから。(壮大な思いこみか?)
そんなことを思っていたら、今日ある人が「初めてのパン屋さんでは、必ずバターロールとクロワッサンを買います」と。
なんでも、使っているバターの味が一番よくわかるのがこの二つ。バターがおいしいと、そこのパンの味もわかるからだそう。

なるほど。

でも、やっぱり、、、またあんぱん買っちゃうんやろなぁ。


そして…、さらりと書きましたが。
「早退したため、家で味わいました」

そーーーーーーーーなんです!
学校生活はじまって5日目、本格的に授業も始まって2日目、すでに早退。
キューティー・ヒメ、フィーバーです。
38度台が2日つづき…。
先週からすんごい青っパナでてたしなぁ。予感に気づかないふりして過ごした今週。ヒメにとっても朝から夕方までフル保育は初めての1週間。疲れたんやろなぁ。えらいえらい。
ドンは元気にしてるし、こっそり先に迎えに行って、しばし静養しています。早くよくなりますように。
e0259727_16405240.jpg

※登園2日目。お着替えで全身しましまコーデになってました。遊んだね先生…

病児保育対策、しなきゃなぁ。
[PR]
by itsuka38 | 2012-04-13 15:59 | あんこ
こんにちは。

あんこが、好きです。本当に好きです。大好きです。
ごめんなさい。神様よりも・・・・好きです!!!

今日のあんこ。

雨に映える疎水沿いの桜を眺めつつ、学校からの帰り道、菓子司「山もと」にふらり。大好きな「ごま餅」です。
e0259727_15551282.jpg


写真ではわかりづらいのですが、こちらは直径3センチもないちっちゃな羽二重餅。中には上品なこしあんが入っています。
ああ、かわいらしい。。。
でもね、それだけじゃない。
ちょいっと口に運べば…ごまの香りが口の中いっぱいにパ~ッと広がるのです。無造作に散る黒ごまたちですが、決してただのお飾りではない。この存在感たるや。初めて食べた人はみな驚きます。1個80円。格子の箱に行儀よくおさまっている姿もよろしいので、おもたせにもおすすめです。

愛らしいのにできるやつ。



いつからか、スローガンは「一日一あんこ」。
おいしいあんこ、懐かしいあんこ、良質なあんこ、新しいあんこ、気取らないあんこ…
老舗で、おまん屋さんで、スーパー・コンビニで、手づくりで…

早い話があんこ中毒ですね。
湧き出るあんこへの愛を綴りたい!というのも、ブログ始めた理由のひとつ。 これから、あんこものレポートもちょいちょい書いていきたいと思います~~


ところで、今日の雨に打たれても、桜は心配していたほど散っていませんでした。エネルギーが満ちているときは、ちょっとやそっとでは散らないのだなぁ。

そうそう、先日のお花見で、「あんこ好きなあなたに」と、おみやをいただきました。
京都・岡崎の六方やの「六方焼」だそう。
e0259727_16231917.jpg

六方焼ってこしあんのイメージ(私だけ?)ですが、こちらはつぶあん。
とてもコクのあるつぶあんです。皮も素朴でしっかりしている。
e0259727_16423635.jpg

六方焼って、一応四角くおさまってるが、ようかんやきんつばみたいにピシッとしているわけではなく――気さくさがいいですねぇ。
聞けば、「六方や」さんはおばちゃんが一人で切り盛り。「自分で手づくりでできることだけ」をモットーに明るく丁寧にこの六方焼やお団子などを作っているそう。
これはぜひ一度訪れて、店先で〝おばちゃん〟としゃべりながら焼きたてを食べたい~
桜の木の下で、そんなを聞かせてくれたのは、これまた気さくで素敵なご夫婦。なんと、「紀州人の妻&庭師の夫」っちゅう、ウチと同じ組み合わせなのです。
しかもこちらの旦那さまはドイツ人。六方焼を「おいしいね~」と食べてはる姿からは、それはもう和の心をビンビン感じましたYO!
ありがとう。

あんこと、桜。最高にお似合い。
ありがとう。私の力の源。

っておーーい!学校通ってるんよね?とつっこみが聞こえてきそうですが…
ちゃんと行っておりますよ~。とりあえず、学校生活については一週間こなしてからお伝えしま~す!
[PR]
by itsuka38 | 2012-04-11 16:50 | おやつ
ブログタイトルの「さんば」、ラテンのサンバ♪ではありません。


いつか「産婆」になりたいです。
3年前に芽生えた、私の「夢」です。


さかのぼると…

和歌山県の山や川や田んぼに育まれた少女時代。
8歳でパン屋さん、14歳で宇宙飛行士、17歳で絵本作家を夢見ました。
多感な20代前半は京都という街で過ごし、
色んなことが、おもしろくて、おもしろそうで、
あれこれ手を出している間に、気づけば「夢」というようなものは消えていました。
でも、とりあえず、きちんと食べて、
縁を大事に働いて、笑って泣いて笑って、生きてきました。

おっとさんと出会って、ありがたく結ばれ、
数年後に新しい命を授かりました。

初めての妊娠も、産休まで元気印で働いて、スポーンと産みたいなぁ、
と思ってたら、通院していた病院でまさかの切迫早産と診断され(いまだ誤診と疑ってますが)
いつしか気分は、妊婦=病人になってました。

でも、初めてのお産は里帰り出産と決めていて、
故郷の小さな助産所ですることに。
数年前にここで出産した姉の「親戚の家で産む感じ。あと、ごはんめっちゃおいしいで」ってコメントが決め手でして。
いやいや、毎度の食い気だけではないですよ!「自然分娩で、できるだけ切らずに産ませてくれる」ってところもよいと思いました。

ここで、迎えてくれた2人の助産師さん。
当時82歳のF先生と、りりしい30代のTさん。
この2人の女性に出会って、私の人生が大きく動きました。

健診のたびに、本当に「親戚のうち」のような部屋で、お2人にいろんな話を聞きました。
おなかの赤ちゃんのこと、私の体のなかで起こっていること、これから起ころうとしていること。
女の人と、赤ちゃんのもつ力、いのちの神秘。
こういう風に書くと、仰々しいですが、まったく逆で。
毎度エプロン姿のおふたりは、「先生」とよぶのがおかしいくらい、
「今日のおかずなんにする~」的ななごみきった雰囲気を醸しだし、
こっちもついつい時間を忘れておしゃべりを楽しんでいました。(2時間くらい滞在したときもあったなぁ)
で、健診が終わると、不思議と自分にすごく力が湧いているのがわかる。
そんな感じでした。

そして迎えたお産のときも、穏やかに、でもしっかりと見守ってくれ、励まし、助けてくれた。
F先生の背中さすってくれるポイントとか強さとかがこれが絶妙で…

お産はやはり、そりゃ痛かった。
でも終わってみて、生まれたての赤ちゃんを見て、安堵したと同時に「楽しかった!」と心から思ったのです。ほんまです。

入院中も、おふたりと話すのが楽しくて楽しみで(F先生の言うこと言うことがいちいちすごすぎて、ベッドで「F先生語録」をこそこそ作ったり…)。
気づけば、命を無事に産めた自分、母乳を作りだそうとしている自分の体、自分自身を初めていとおしく思いました。こんな思いを抱かせてくれた2人の助産師さんに、感謝と敬意を感じまくっていました。
退院して、実家で小さなドンと過ごしながら、心になんかあっつーーーい思いが芽生えてるのを感じていました。いやいや、冷静に…と思っても、また、熱くなる。色んなことを感じると、人は動きだしたくなる。「感動する」って意味を理解しました。


1週間後、京都から愛娘と愛妻に会いにきたおっとさんに、打ち明けました。

「私、助産師になりたい」と。

当時の私の仕事はフリーペーパーの編集者。路線、違いすぎる。
最短でも実現まで4年(看護学校3年+助産学校1年)はかかる。今、アラサ―。しかも子持ちになった。学費だってだいぶ必要。
もんもん冷静に考えたけれど、小さきドンを見れば見るほど、「この決断、この先ドンにいろいろ苦労もさせるかもしれん、でも…しっかりと生きている姿を見せることのほうが大事ちゃうか!」と思いは強まり。気づけば心が決まってました。

おっとさんは一言。

「そんな気がしてた。わかった。応援する」と。

ひぃーーー男前!(書いてて久々に思い出した。最近のぞんざいな扱いを反省!)


それから、いろいろ考え、夫婦で話し合い、ひとまず仕事に復帰してドンは保育園に。
編集の仕事は、正直やっぱりおもしろかったです。子どもをもって、働くことは、いろんなことを教えてくれた。仕事をしていたら、やっぱり「助産師になりたい」は流行熱のようなものやった~とならんこともないか…と思ってもいました。けど、心は変わらずでした。
ヒメを授かり、もう、歩き出そう。と決めました。
2011年、震災があって、ヒメが生まれて、退職して、看護学校を受験しました。
そして、無事に合格することができました。

この夢、真剣にかなえたいと思っています。
いつか、私が出会ったおふたりのような、「産婆」になりたい。

長くなりました。

で!
いよいよ本日、看護学校の入学式です。
受験以来のスーツ着て、ピカピカの一年生です!
は~~どんなことが待ってるんでしょ。
e0259727_1262376.jpg


ドンとヒメと、おっとさんと、これから新しい毎日が始まります。
このブログで、そんなドタバタも、みんながちょっとずつ成長していく姿も、
「いつかさんば」になれる日まで、つづっていきたいと思います~。

いざ、スタートライン。
[PR]
焼き菓子続編。

なかしましほさんのレシピで、ちんすこう。
ドン大喜びであろうウサギ型でリサガス風に…
e0259727_10481065.jpg

超簡単!わりに、ちゃんと成功~ 甘さとしょっぱさが、口の中でなかよしこよし。
なかしましほさんのレシピに出会ってから、冷めていたクッキー作り再燃しかけてます。

パン続編。

ベーグルにトライ!
ホームベーカリー付属のレシピによると、わりと簡単そうやし~♪
丸めて、穴開けて、二次発酵中。うんうんいい感じ。
e0259727_10484672.jpg

お次は、ゆでるのね。
うわわっペーパーはがれないっ~!ひぃ~ゆですぎ~っ焦・乱・崩…

第一弾、無惨な姿
e0259727_10495825.jpg

急いでクックパッドに頼る

第二弾、なんとかベーグル?
e0259727_10501861.jpg



うーーん道具もオーブンもしょぼいしなぁ(と、道具のせいに…)
パン作り、イチから手取り足取り教えを請いたい。できればクッキングパパに。

よって、ベーグルサンドでお花見!は、あえなく毎度のおにぎりに変更!
e0259727_10505321.jpg


いてきまーーす♪
[PR]
by itsuka38 | 2012-04-08 10:51 | ごはん
ホームベーカリーさまさまで始まったパンづくり。
そもそもパン「づくり」って呼んでいいのかは判定微妙…なとこですが、それなりに独自配合を研究しております。
どうやら私、ベーシックなイースト&強力粉の「ふわっサクッ」系は好みではない。なんか、食べた気がしないのよねぇ。。。
もちっ、どしっ、ガシッ、系がよいのです。(己のキャラを反映している気が…)


以下、三日坊主ちゃうで!アピール。


・黒豆パン
e0259727_12335833.jpg

黒豆たいたのの残りを煮汁とともに混ぜてみた。黒豆ゴロゴロした切り口を期待していたけど、見事に豆は粉砕されチャコールグレーの断面。でも豆の風味はガツンとした。


・おからパン
e0259727_12353083.jpg

これは今一番きている!ここ3日ほど毎日これ。粉250gに対し、おから50~70gを加えるだけでもっちり。じんわり甘くて(おからの甘味?)全粒粉を使ったときのようなクリスピーな耳もおいしい~


・ピザ
e0259727_12362679.jpg

最近、人が来る、となればピザ。
簡単で、手づくり感あって、楽しくて、具はなんでもグー。すごいぞピザ。
ピザソースもたっぷり仕込んだし、いつでも焼けまっせーー!あとはピンポンを待つばかり。
ピザソースの替りに、みそをみりんで溶いて塗ってもグー。ドンはこちらが好み。

・なにパンと呼ぶべきか…
e0259727_12345796.jpg

ついに「手」でこねたくなってきて。やってみた。白あん入り。
ほぼ初めてなのに、イーストではなく「小麦粉の発酵種」なるものに挑戦したら、あきらかに膨らみ不足。でも、小麦の味がした。
いたずらにアンパンマンの顔をつけたら(左奥)焼き上がりにはほぼのっぺらぼうに。「からすのパンやさん」のパンたちはまだまだ先になりそう。。。


ちなみに、うちはマーガリンを買わない。バターもあんまり使わない。
なので、あらゆるレシピ本の「ホームベーカリーには固形油脂を」との忠告をスルーして、使う油脂は菜種油。でも、ぜーんぜん大丈夫です。むしろ香りがきつくなくて、よいかも。
粉は、北海道とか九州産の強力粉。東北の地粉は、やっぱり不安で手が伸びないのが現状。
今のとこ、アリサン有限会社のイースト使用。予備発酵してと書いているがこちらもスルー。これから、天然酵母とか自家製酵母とかもやってみたいなぁ。(実は今、挑戦中。また次回~)

~粉もん熱が飛び火して、ひっさびさにクッキーも~
・きなこクッキー
e0259727_12375964.jpg

なかしましほさんのレシピに初トライ。珍しく、レシピ通りの分量手順にのっとったものの、うまく生地がまとまらない。でも、冷蔵庫で寝かせたらなんとかなった。なった?
カリッとかじるとホロッ。きなこ満開です。

「どれどれ…」
e0259727_12391531.jpg

「え~やん!」
e0259727_12393887.jpg


↑入園式後のヒメ。本日、慣らし保育2日目。ヒメがいない。泣き声しない。肩こりしない。ブログ書ける。いろいろ作れる。でも、なんだかな~~~淋。
[PR]
by itsuka38 | 2012-04-04 12:41 | おやつ
大文字~!
言わずと知れた大文字山。
左京区民はもちろん、京都人の心にそびえる山でしょう。…ですよね?

私たち夫婦にとっても、思い入れが強い場所のひとつ。
なんてったって、結婚式当日の早朝、ふたりが居た場所。
あの朝、登りきったときの目の前に広がった景色とか、
青空とか、てっぺんで食べたおにぎりとか、
ほんとにすがすがしかったもんです。
ごはん粒つけた顔で「結婚記念日には毎年一緒に登ろうね」と誓いました。

…あれからはや7年!(きみまろ調)
いや、最初の結婚記念日は登りましたよ!まだ誓い合って1年、新婚同然。
…それから6年。
ドンが生まれ、ヒメが生まれ、いろいろありました。
すっかり「大」を眺めるだけに。。。


3月、ドンの保育園も、ヒメとの蜜月ライフも「カーネーション」もどどどっと終わり。涙
4月、ヒメ入園、私入学、ドン進級、おっとさんもいろいろ転機(?)。いろいろ始まります。

家族みんなの門出にひとつ、何か面白いことしようじゃないか!
ってことで、時はエイプリルフール。全員健康。
念願の「家族 de 大文字登山」を実行しました。

ヒメはエルゴで。ドンよ目指せ自力登頂!
e0259727_11278.jpg

e0259727_1134228.jpg

疲れに弱い3歳児。でも下山してくるおっちゃんおばちゃんに「えらいなぁ!」とほめられては奮起→でもやっぱり「ちんどい~」トボトボ→でも励まされる、ほめられる→で、がんばっちゃう。のローテ。
空腹と疲れのためテンション変。
e0259727_1135985.jpg

最後の一歩!
e0259727_1127186.jpg

「うわ~~!すごいな!」
e0259727_1162552.jpg

さーーお弁当!(ウインナーおにぎり…汗)
e0259727_1172275.jpg

おむすびキッズモデルコンテスト、とかないですかねぇ…
e0259727_11141793.jpg

おぶわれてただけのヒメもおなかすいたみたい
e0259727_11151352.jpg

お決まりポーズ
e0259727_1116457.jpg

下山は別道を~
e0259727_1117299.jpg

※おなかも満たされ疲れもピークのドンでしたが、最後まで抱っこなしで下山!(パインアメに助けられて)よくがんばりました。


さぁーーーー、春だ!
[PR]