食農週間

今週は、野菜に恵まれている。

ゴーヤ、オクラ、トマト、万願寺…

夏野菜の収穫がまっさかりなのでしょう。
わが家の消費力を知ってるからなのでしょう。
みなさん、おすそわけしてくださる。

ありがたい。


それでも、ほかのお野菜も食べたくて、
スコップ・アンド・ホーさんに今週も宅配をお願いする。

「カチューシャ」じゃなくて~、長なす。
e0259727_10234338.jpg

1本200円でした。ふつうのナスの3本分くらいの長さ!

「パプリカ!」惜しいっ。ゴールドピーマンやって!
e0259727_10232994.jpg

フレッシュなほろ苦さ。

ドンキューのお楽しみ、カラフルトマト。
e0259727_1024670.jpg

「ドンはこれにしまーす♪」
e0259727_10242379.jpg


空芯菜のニンニク炒めは、取り合いで瞬殺。
旬のものは、シンプル(手抜き)調理でもおいしいのです。

こういう、ピッチピチの野菜を手にすると、
作った人はさぞや誇らしいやろなぁ、と思う。



私たち、自給率30%が夢のひとつでもあります。
いつかさんば、よろしく、いつかファーマー!

…とはいえ、ちょこちょこ畑通いしている年もあったものの
今は消費オンリー。。。

ありがたや~、おいしか~、
と、むしゃむしゃ食べてるだけでは、
なんだか肩身が狭い。

なので、
農のことと食べること、
もすこし広~く、深~く知って、思いをはせてみよう!週間に。


マーマーマガジン編集長の服部みれいさんの、『あたらしい食のABC』
e0259727_10243737.jpg


みれいさんらしく、かしこくておしゃれに、
「食べものと意識」について、つづられています。
それにしても、「あたらしい」ってタイトルにつけましたか!潔いー!

スピリチュアルネタとか、私には?な内容もありつつ、刺激的です。

食べものを選ぶとき、みれいさんは、その食べものにある「波動」を重んじるそう。
これ、とっても共感。


まさに、あたらしいタイプの「食」の本です。



TPP問題のニュースにやいやい言ってたら、
「これ、おもしろいで」
おっとさんから差し出された一冊。
e0259727_1024454.jpg


おっとさんリコメンドの新書は、たいてい難解。
いつも「へぇ~…」とスルーします…笑
これは、帯が気になったのでめくってみました。

まだ読み始めたばっかですが、
日本の農業に横たわる問題とか、現状とか、
しょっぱなから、ハッとさせられてます。

「いつか農ある暮らしがしたい」
とかほざいてる身として、
それと、いち消費者として、

たいへん勉強になりマス。

無知の知…。

e0259727_12154247.jpg



思いをはせつつ、いただきます。
[PR]