vote!

小さき人に、おっぱいあげて、おしめ替えて、
水浴びして、ゴロンとなって、おやつ食べて…


動き回る童たちに、ごはんつくって、シャワーして、
着替えさせて、怒って、しゃべって、おやつ食べて…


そんな毎日でも、脳内1/5を占めている関心ごと。

参院選。

あっちゅうまに、あと一週間ちょっとですね。

で、今の思いをつづっておこうと思います。



過ぎ去りし衆院選。
脱原発へのかじ取りに、大きく期待した選挙。
(そのとき書いた記事はコチラ

結末は、受け入れがたいものではあったけど、
そんなことではへこたれない。
未来はまだまだ、私たちがつくっていけると思っている。

…しかし!しかーーし!
ショックだったのは、その結果よりも投票率の低さ。

震災の後で、原発事故があって、
みんなそれぞれに日本の未来を真剣に考え始めている、
…と思っていただけにびっくりした。

e0259727_523632.jpg



私は、投票にいきます。

権利だから。

知らんふりしたくないから。


ちなみに、ハタチから今まで、
投票した人が当選したことは、、、ない。
でも、この一票が無駄と思ったことも、ない!
比例で、自分の一票がちゃんと力になったと思ったことはある!

とにかく、自分の思いをしっかりと託す。
投票所を出るときは、いつもワクワクして、すがすがしい。

e0259727_5234085.jpg


「だれに投票しても、結局一緒やろ」
と、よく聞くことがあった。

ほんまにそうやろか?

私は思う。
“結局一緒”なのは、政治でも政治家でもなくて、
権利を放棄している、自分の可能性を投げ捨てる、そのひと自身だ。

奪われていないから気づかないのかもしれない。
権利がこの手にある、喜び。


「どうやって選べばいいのかわからない」
そう思う若者も多いのだろう。
(若者って呼ぶと自分は若者じゃなくなった気が…)

でも、選挙の争点は、マスコミが決めることじゃない。
自分で、決めればいいと私は思う。


e0259727_5355945.jpg


私は、これまで

  平和を守る
  憲法9条を大切にする
  農をおろそかにしない
  社会で弱い立場にある人の目線からものを見られる
  差別や不平等と闘っている
  代弁者として、本当に市民のために働こうとしている

そんな人や政党に、自分の一票を投じてきた。



e0259727_5244454.jpg


親になって、母になって、
選ぶ基準が増えた。


  子どもを平和のなかで育てられる
  子どもを死なせない、殺させない


親が、おかーちゃんたちが、
毎日毎日、誰に頼まれるでもなく、
フライパンマザーしているのは、
ランドセルの背中を見送っているのは、
寝顔をそっとのぞいているのは、
怒ったり悩んだり喜んだりしてるのは、
子どもに、今日も生きていてほしいから。

笑って、幸せに、育ってほしいからです。

きっと。

もんのすごーーく、単純でシンプル。


子どもたちが何も心配せず
元気に走り回って、
むしゃむしゃ食べて、
感じたままを表現できる

今、わたしたちが
つくらなきゃいけないのは、
守らなきゃいけないのは、
強い経済力や愛国心や強い市場ではなくて、
こんな、当たり前の平和じゃないだろうか。

だから私は、今回も投票します。
そんな思いを、誠実に、
実現しようとしている人を選びます。



どうか、みなさんもレッツ投票。


もしも、「んー選挙なぁ?」と
ピンとこないのであれば、
身近な子どもたちの顔を浮かべて、
(なんなら、拙3姉妹でも…)
「オマエたちに、平和を引きついでやるぜコノヤロー!」
そんな一票を!笑

e0259727_1633964.jpg


ボゥトイット!
[PR]