フウーーー教室

先日、お産をする病院の「ラマーズ教室」なるものに参加しました。
e0259727_556124.jpg


ドンキューの助産所でのお産も、たしかラマーズ。
でも、じゃ、いったいどんなん?て聞かれると…スミマセン!汗
助産所では、ただただ産婆さんたちに導かれながら
流れにのった感じだったので…。

しかし、“いつかさんば”的には、わからんではあかんよね。
これを機会に勉強しよっ! と、不純な動機…。


教室は、臨月周辺の妊婦たちが数人集い、助産師さんが進行。

「お産って、どんなイメージ?」
「力抜いて~っていうけど、それってどんな状態?」
「どうやったら、うまく呼吸できるの?」
などなど、問いかけられて考えてみたり、
話きいたり、ビデオ観たり、実際にやってみたり…
みんなそれぞれにラマーズを「なんとなく」つかんでいってました。

とにかく、息をはくこと。
いきむ、は力むのではなく、息む。
痛みは、赤ちゃんからの「産まれたい」ってメッセージ。
それに応えて、息をはいて体のこわばりをとることで、
必要なところに必要な力をいれることができる。
その力で、赤ちゃんが出ようとする気持ちを助ける。


私は、あらためてラマーズをそう理解しました。

実際に、呼吸、とくに「フウーー」をやってみて、
意外に力がはいっていること、ついがんばっちゃう性質ってこと、など
自分のクセみたいなのも知ることができました。

ラマーズ法による実際のお産のビデオ、これは貴重だった。
なんとも、穏やかなお産。
出産コワイイタイ体験談は、巷にあふれているので、
お産前にあんなお産があることを知れるだけでも、
だいぶハードル下がるんじゃないかしら。と思いました。
まぁ、人によっては、ビデオ観て、ひいいーとなることもあるのかも…
なぜなら、赤ちゃん誕生シーンは、真正面からアップが続いたので。
「いつかさんば」はもちろん、、、感動ですわ~。
勉強になりましたっ!ハイッ

e0259727_1713256.jpg


初産婦さんは、陣痛やお産がすべて未知の世界。
コワイ、わからない、実感ない、なんとなく楽しみ…いろいろでしょう。
2人目、3人目の経産婦さんといえど、
これまでのお産でつらい体験をしたり、何がなんだかわからないまま出産したり、
という人なら、よけいにお産に対して力がはいってしまう。
お産に対して、祭りや~、楽しい、気持ちいー、と
プラスイメージばかり抱いてる私といえど、
あの痛みを思い出したり、予測不可能なことがおこったらどうしよう、
望んでないことになったら…と考えだすとやっぱり不安にもなります。


今回の教室は、こんな風に、不安を抱えるお母さんたちの気持ちによりそって、
「いろいろ言ったけど、私たちがついてるから!」「大丈夫やから!」
って、助産師さんたちが背中を押してくれる、
心を穏やかにしてくれる、そんな時間なんやー。
単にラマーズを知ってもらうってだけじゃないんや。
と感じました。

心の準備、できた。うん。
この病院で産むことにして、よかった。

で、やっぱり、助産師さんってすごい。
あんなおばちゃんに、なりたいなぁ。


ちなみに、ただいま38週イン。
いつ産まれてもおかしくないです。
私のおなかは、突出型なため今にも産まれそうに見えるらしく、
「まだ?」「まだまだー」があいさつになってます。

でも、まだ待って―!

会いたい人に会って、おいしいもん食べて、
e0259727_1764796.jpg

e0259727_1774673.jpg

お出かけして、新緑感じて、
e0259727_5571144.jpg

保存食つくって、半身浴して、昼寝して…
e0259727_1781481.jpg
e0259727_1783099.jpg




…ニコイチ生活ここちよし。
(マイナートラブルも快方に…笑)

もすこし、満喫させてください、赤ちゃん。
[PR]